自動も手動もドアの調子が悪くなった時は早めに修理

5月 19th, 2014 cattleyaorchids.net

住宅には、建具としてドアが取り付けられています。
例えば、玄関となる部分には、室内と室外を仕切るための扉が取り付けられています。扉や戸のことをドアと言いますが、ドアは人や物が出入りする時に簡単に開閉できるように作られています。

室内と室外を仕切っているドアには、手動のものと自動で動くものがあります。
手動の場合は開き戸となっており、片開きのものと両開きのものがあります。また、中にはスライドさせて開閉する引き戸もあるので、住宅に取り付けられているドアの種類は多様となっています。
また、自動で動くタイプの場合は、モーターの力で動いているので人間がドアノブなどに触れる必要はありません。センサーが人間の動きを感知して扉が開くようになっており、物が通り終わったら再び閉まる仕組みになっています。そのため、誰も通っていないのに扉が開いたり、すでに人や物が通り終わっているのにずっと開けっ放しの状態になったりすることはまずありません。

ただし、ドアにトラブルが起こった場合は修理が必要です。修理というのは、壊れたり調子が悪くなったりしたものを、再び元のように使える状態に直すことです。
例えば、開閉がしにくい、傷が入った、板が割れた、へこんでしまった・・・などのトラブルが起こったら、業者に修理を依頼しましょう。
問題があった扉や戸は、そのまま放っておいても勝手に良くなってはくれません。また、人や物が出入りする場所なので、できるだけ早めに修理をしておく方がいいでしょう。
修理に不安がある時は、修理を行っている専門の業者があるので、そちらに相談してみるといいでしょう。

お勧め LINK

建物の入口を守るドアは修理を必ずしておきましょう。立て付けが悪かったり、鍵の調子がおかしいなどのトラブルは家に隙を作ってしまうことになります。
壊れてしまったドアの交換は専門家にお任せしましょう。24時間いつでも対応してくれるので、夜に壊れてしまった!という時でも安心です。
開かなくなる前にドアノブ交換を行う事で事前にトラブルと防ぐ事ができます。不調と思った時点で修理をしておきましょう。